これからは予防歯科がとても大切

最近の子供は虫歯が少なくなったと聞いたことがある人が多いでしょう。

歯科に子供が通っているのを見なくなったと感じているシニア層は多いのではないでしょうか。

近年、子供の歯にフッ素を塗ったりする予防歯科も盛んになっているようです。


その子供たちの両親や祖父母の世代ではそのような予防歯科はあまりなかったか、あっても一般的ではなかったはずです。



これらはとてもよい習慣でしょう。
虫歯は残念ながら一度なってしまえば、削って治療する他、治療方法はありません。

自然治癒はしませんので、はやく発見して治療をする必要があります。
そして、残念ながら、その治療した歯も年月が経つと、詰めた物が取れたり、詰めた物と残った歯の間にまた虫歯ができたりして、更に治療が必要になります。それで、更に残った歯を削り、場合によっては神経を抜いてたりしなければいけません。
この神経を抜いた歯はもろくなり、欠けたりします。

それで、長い年月をかけて、歯を失っていくという経過をたどるのが一般的です。

こうならないためには予防歯科に通い、虫歯にならないようにしないといけません。
予防こそが最も大切です。


ですから、全く何の症状もない時期に、定期的に予防歯科に通うべきです。


自分では虫歯はないと思っていても、実は小さな虫歯が発生していることも珍しくありません。その場合は簡単な治療で、痛みも伴わず、1回で治療が終わります。

NAVERまとめが今、話題になっています。

この虫歯は見た目は小さく見えても、かなり奥の方まで虫歯になっていたということはよくあります。

お客様に相応しい表参道の歯周病の情報を確認できるサイトです。

ですから、予防歯科に通いましょう。できれば、予防に力を入れている歯医者さんが理想です。


歯を守って生活していきましょう。